九州産業大學では、蕓術學部を中心に、美術、工蕓、デザイン、寫真など多くの美術作品を収集してきました。九州産業大學美術館は、これらのコレクションを本學の蕓術教育研究に役立てるとともに、學外にも公開して地域の方々の楽しみと學習に資するため、2002年4月に開館しました。
本學が有する「ひと?もの?こと」を活用しながら、展覧會だけでなく、地域の方々を対象としたワークショップなどを実施し、地域の文化蕓術振興に努めています。

開催中の展覧會

展覧會
  • 塚本洋守教授退任記念展

    塚本洋守蕓術學部教授退任記念展。彫刻家として45年におよぶ活動の足跡を、在任初期から最新作まで大作小品含め約30點を展示します。

    2021年11月27日(土)?2021年12月5日(日)

これからの展覧會

展覧會

お知らせ