中期計畫

大學概要

中期計畫(2021-2030)

中期計畫目標(2021-2030)文理蕓融合のグローバル総合大學へ

 本學は2020年度に創立60周年を迎え、次の目標である創立100周年に向けたビジョン「新たな知と地をデザインする大學へ一もっと意外に。もっと自由に。一」を掲げています。このビジョンの実現に向け、2021年度からの10年間で取り組むべき事項をまとめた「中期計畫」を策定しました。

 中期計畫(2021-2030)は、最終目標を「文理蕓融合のグローバル総合大學へ」と定め、その達成へ向けて「教育」「研究」「國際化」「産學連攜」「社會?地域貢獻」「ダイバーシティ」「ブランディング」「経営基盤」という8つの分野を設けました。

 また、実行期間を、第1次アクションプラン(2021-2025年度)と第2次アクションプラン(2026-2030年度)に分け、2030年度までの目標を19項目、2025年度までの目標を38項目設定。さらに、2025年度までのアクションプランを131項目設定し、取り組むべき事項を具體的に示しています。

分野別目標一覧

2030年度までの目標

  1. 多様な資質を有する學生の獲得
  2. 文理蕓が融合した多様な教育プログラムの構築
  3. 「學び」の質保証の構築
  4. 學生支援の充実
  5. リカレント教育の拡充

2025年度までの目標

  1. アドミッション?ポリシーに沿った優秀な學生の獲得
  2. 実踐力を育成する教育プログラムの推進
  3. 新時代に対応した教育プログラムの開発
  4. 學年暦の柔軟化
  5. 教學マネジメントの確立
  6. 學生の満足度を向上させる支援の実施
  7. ポストコロナ時代へ対応した支援の実施
  8. 高等教育機関としての學び直しの推進

2030年度までの目標

  1. 多様な資質を有する學生の獲得
  2. 文理蕓が融合した多様な教育プログラムの構築
  3. 「學び」の質保証の構築
  4. 學生支援の充実
  5. リカレント教育の拡充

2025年度までの目標

  1. アドミッション?ポリシーに沿った優秀な學生の獲得
  2. 実踐力を育成する教育プログラムの推進
  3. 新時代に対応した教育プログラムの開発
  4. 學年暦の柔軟化
  5. 教學マネジメントの確立
  6. 學生の満足度を向上させる支援の実施
  7. ポストコロナ時代へ対応した支援の実施
  8. 高等教育機関としての學び直しの推進

2030年度までの目標

  1. オンリーワン研究の創出
  2. 研究活動の活性化
  3. 大學院のプレゼンスの向上

2025年度までの目標

  1. 文理蕓を融合した學際的研究の推進
  2. 研究実績の拡大
  3. 産業界と連攜した研究の推進
  4. 優秀な大學院生の獲得
  5. 大學院の改革

2030年度までの目標

  1. オンリーワン研究の創出
  2. 研究活動の活性化
  3. 大學院のプレゼンスの向上

2025年度までの目標

  1. 文理蕓を融合した學際的研究の推進
  2. 研究実績の拡大
  3. 産業界と連攜した研究の推進
  4. 優秀な大學院生の獲得
  5. 大學院の改革

2030年度までの目標

  1. グローバル人材の育成

2025年度までの目標

  1. 國際感覚を養うプログラムの展開
  2. 學生の海外経験の増加及び留學支援體制の強化
  3. 優秀な留學生の獲得及び支援の強化
  4. 海外大學?組織等との連攜の強化
  5. 國際化を推進する體制の整備

2030年度までの目標

  1. グローバル人材の育成

2025年度までの目標

  1. 國際感覚を養うプログラムの展開
  2. 學生の海外経験の増加及び留學支援體制の強化
  3. 優秀な留學生の獲得及び支援の強化
  4. 海外大學?組織等との連攜の強化
  5. 國際化を推進する體制の整備

2030年度までの目標

  1. 大學と産業界が直結した産學連攜

2025年度までの目標

  1. 社會性の高い研究の促進
  2. 産學官連攜を強化するネットワークの構築
  3. 大學発ベンチャーの育成

2030年度までの目標

  1. 大學と産業界が直結した産學連攜

2025年度までの目標

  1. 社會性の高い研究の促進
  2. 産學官連攜を強化するネットワークの構築
  3. 大學発ベンチャーの育成

2030年度までの目標

  1. 九州?アジアでの社會貢獻活動の展開
  2. 地域における生涯學習の拠點形成

2025年度までの目標

  1. 地域社會の課題解決へ向けた貢獻活動の推進
  2. 本學の施設を活用した地域との交流
  3. 地域に向けた知の発信

2030年度までの目標

  1. 九州?アジアでの社會貢獻活動の展開
  2. 地域における生涯學習の拠點形成

2025年度までの目標

  1. 地域社會の課題解決へ向けた貢獻活動の推進
  2. 本學の施設を活用した地域との交流
  3. 地域に向けた知の発信

2030年度までの目標

  1. 多様性を尊重する大學の実現

2025年度までの目標

  1. 男女共同參畫社會を擔う學生の育成
  2. 多様な學生への支援
  3. 多様な教職員の參畫機會拡大

2030年度までの目標

  1. 多様性を尊重する大學の実現

2025年度までの目標

  1. 男女共同參畫社會を擔う學生の育成
  2. 多様な學生への支援
  3. 多様な教職員の參畫機會拡大

2030年度までの目標

  1. 新たなブランドイメージの構築

2025年度までの目標

  1. 本學ならではのイメージ構築
    (「もっと意外に。もっと自由に。」)
  2. 産業界や地域への広報?広聴機能の拡充

2030年度までの目標

  1. 新たなブランドイメージの構築

2025年度までの目標

  1. 本學ならではのイメージ構築
    (「もっと意外に。もっと自由に。」)
  2. 産業界や地域への広報?広聴機能の拡充

2030年度までの目標

  1. 大學運営の基盤強化
  2. 財務體質の強化
  3. 働きやすい職場環境の整備
  4. 事務職員の更なる能力向上
  5. 學美まなびの丘”を実現するキャンパス整備

2025年度までの目標

  1. 継続的な組織改革
  2. IR機能の強化
  3. ガバナンスの強化
  4. 教員組織の充実
  5. 同窓會?卒業生との関係強化
  6. 財政基盤の一層の強化
  7. 業務改革?効率化
  8. 事務職員の能力開発
  9. 將來を見據えたキャンパス整備

2030年度までの目標

  1. 大學運営の基盤強化
  2. 財務體質の強化
  3. 働きやすい職場環境の整備
  4. 事務職員の更なる能力向上まなび
  5. 學美まなびの丘”を実現するキャンパス整備

2025年度までの目標

  1. 継続的な組織改革
  2. IR機能の強化
  3. ガバナンスの強化
  4. 教員組織の充実
  5. 同窓會?卒業生との関係強化
  6. 財政基盤の一層の強化
  7. 業務改革?効率化
  8. 事務職員の能力開発
  9. 將來を見據えたキャンパス整備