沿革

大學概要
昭和35年 1月 學校法人中村英數學園の設立及び九州商科大學(商學部商學科)設置認可
4月 九州商科大學商學部商學科の単科大學として、學舎を福岡市長浜2丁目及び1丁目に、運動場を同市大字唐ノ原琵琶橋に設けて開學
9月 校舎、図書館、研究室等の建築を行い、唐ノ原に大學を移転
昭和37年 4月 商學部産業経営學科増設
昭和38年 1月 設置者を學校法人中村英數學園から學校法人中村産業學園に、大學名を九州商科大學から九州産業大學と改稱
4月 工學部(機械工學科、電気工學科、工業化學科)設置、商學部経済學科増設
昭和39年 4月 商學部第二部(経済學科、商學科)設置、工學部(土木工學科、建築學科)増設
昭和41年 4月 蕓術學部(美術學科、デザイン學科、寫真學科)設置
昭和42年 8月 商學部第二部の學舎を、福岡市舞鶴1丁目5の30より同市唐ノ原琵琶橋に移転
昭和43年 4月 経営學部産業経営學科設置
昭和47年 4月 蕓術専攻科(美術専攻、デザイン専攻、寫真専攻)設置
昭和48年 4月 大學院工學研究科修士課程(機械工學専攻、電気工學専攻、工業化學専攻、土木工學専攻)設置
昭和49年 4月 大學院蕓術研究科修士課程(美術専攻、デザイン専攻、寫真専攻)設置
昭和50年 4月 大學院経済學研究科修士課程(経済學専攻)設置、工學研究科修士課程(建築學専攻)増設
昭和56年 4月 経営學部國際経営學科増設
平成5年 4月 経済學部経済學科<晝夜開講制>設置
平成6年 4月 國際文化學部(國際文化學科、地域文化學科)設置、大學院経営學研究科修士課程(経営専攻)<晝夜開講制>設置
平成8年 4月 大學院商學研究科修士課程(商學専攻)<晝夜開講制>設置、大學院工學研究科博士後期課程(生産システム工學専攻、社會開発?環境システム工學専攻)<晝夜開講制>増設
平成9年 4月 大學院経営學研究科博士後期課程(経営専攻)<晝夜開講制>増設
平成10年 4月 大學院國際文化研究科博士課程[5年一貫制](國際文化専攻)<晝夜開講制>設置、大學院商學研究科博士後期課程(商學専攻)<晝夜開講制>増設
平成11年 4月 商學部第一部観光産業學科、商學部第二部観光産業學科増設、大學院経済學研究科博士後期課程(経済學専攻)<晝夜開講制>増設、大學院蕓術研究科博士後期課程(造形表現専攻)<晝夜開講制>増設
平成14年 4月 情報科學部(社會情報システム學科、知能情報學科)設置、蕓術學部蕓術工蕓學科増設
平成16年 4月

工學部バイオロボティクス學科増設、工學部工業化學科を物質生命化學科へ、土木工學科を都市基盤デザイン工學科へ名稱変更

國際文化學部臨床心理學科増設

大學院情報科學研究科博士前期課程?博士後期課程(情報科學専攻)<晝夜開講制>設置

大學院國際文化研究科博士課程[5年一貫制](國際文化専攻)<晝夜開講制>を大學院國際文化研究科博士前期課程?博士後期課程(國際文化専攻)<晝夜開講制>に改組
大學院経済學研究科、商學研究科、経営學研究科、工學研究科、蕓術研究科の修士課程を博士前期課程へ課程名稱の変更

平成19年 4月 工學部電気工學科を電気情報工學科へ名稱変更
平成20年 4月 國際文化學部地域文化學科を日本文化學科へ、
蕓術學部寫真學科を寫真映像學科へ名稱変更
平成21年 4月 大學院経済?ビジネス研究科博士前期課程
(経済學専攻、現代ビジネス専攻)<晝夜開講制>?
博士後期課程(経済?ビジネス専攻)<晝夜開講制>設置、情報科學部情報科學科設置
平成22年 4月 工學部住居?インテリア設計學科増設
平成23年 4月 大學院工學研究科博士前期課程?博士後期課程
(産業技術デザイン専攻)<晝夜開講制>設置
平成24年 4月 大學院蕓術研究科博士前期課程(造形表現専攻)
<晝夜開講制>設置
平成28年 4月1日 蕓術學部(蕓術表現學科、寫真?映像メディア學科、ビジュアルデザイン學科、生活環境デザイン學科、ソーシャルデザイン學科)設置
平成29年 4月1日

理工學部(情報科學科、機械工學科、電気工學科)、生命科學部(生命科學科)、建築都市工學部(建築學科、住居?インテリア學科、都市デザイン工學科)設置

九州造形短期大學から九州産業大學造形短期大學部へ名稱変更
平成30年 4月1日 人間科學部(臨床心理學科、子ども教育學科、スポーツ健康科學科)、商學部(経営?流通學科)、地域共創學部(観光學科、地域づくり學科)設置
令和2年 3月31日 蕓術學部(美術學科)廃止
令和3年 3月31日 工學部(物質生命化學科、建築學科)廃止