バイオロボティクス學科

工學部(2016年度まで)

バイオロボティクス學科とは

バイオロボティクス學科

人間や生物の構造、運動機能を工學的な視點で解析し、ロボットや機械技術としていかすバイオロボティクスは、多くの可能性に満ちた學問分野です。人間と深く関わりをもつこの學問は、機械工學、電子工學、生體工學、情報工學などの基礎知識をもとに、ロボット、醫療?福祉機器などの最先端技術の開発に必要な専門知識や技術を修得。3年次から「先進工學コース」か「基盤工學コース」のいずれかを選択。先進工學コースは、國際的に通用する技術者を育てる高等教育機関JABEE(日本技術者教育認定機構)認定のコース。卒業と同時に技術士補の資格取得、技術士の一次試験も免除されます。

バイオロボティクス學科のホームページ

バイオロボティクス學科で學ぶ理由

  • ポイント 1
    リメディアル教育で基礎を固める
    本學科の基本は基礎數學、基礎物理、基礎物理実験で1年次にリメディアル(復習)教育を行い、クラスは學生の習熟度に応じて編成。4年間の學修の基礎となる學力を身につけます。また、基礎教育から実習を重視し、段階的に専門知識や技術を修得できるカリキュラムを組んでいます。
  • ポイント 2
    將來を見據え、個人の興味も育むカリキュラム
    バイオマテリアル系、バイオメカニクス系、バイオデザイン系、ロボティクス系、インフォマティクス系、ロジック系の6系統の専門科目と、専門基礎および基礎科目に分類。広範囲におよぶ進路先に対応するためのカリキュラムで、就職を意識した総合的かつ多面的な學修と個人的に興味のある分野の研究が両立できます。
  • ポイント 3
    社會の即戦力をめざすチューター制
    個人指導を重視したチューター制を導入。社會の即戦力となる実力を養うため、基礎教育からの実習と実験科目を充実させ、最新の醫療機器や最先端ロボットを用いての実踐的教育を行っています。

資格?進路?主な就職先(參考)

取得可能資格
  • 中學校教諭一種(數學)
  • 高等學校教諭一種(情報?數學)
  • 技術士(一次試験免除)
  • 福祉住環境コーディネーター?
  • ME技術実力検定
  • 基本情報技術者
  • CAD利用技術者
  • 司書
  • 學蕓員
  • 社會教育主事 など
めざす職種 メカトロニクスを中心とした醫療?福祉?バイオ関連産業などへの就職が期待されます。學生の就職活動を支援するため、教員は企業訪問で本學科の特徴や學生の実力をアピールし、學生には論作文の書き方、面接の受け方などを指導。より高い水準の教育?研究をめざす學生には、本學大學院の工學研究科への進學も可能です。
業種別就職狀況
  • その他サービス業(48%)
  • 製造業(18%)
  • 専門?技術サービス業(13%)
  • 建設業(9%)
  • 情報通信業(4%)
  • 卸売?小売業(4%)
  • 醫療?福祉業(4%)
主な就職先
(3ヵ年実績)
(株)日立ビルシステム/日本ファシリオ(株)/協立エアテック(株)/ミナト醫科學(株)/九州旅客鉄道(株)/西日本旅客鉄道(株)/(株)大塚商會/(株)アステム/竹田設計工業(株)/(株)アビスト/近鉄エンジニアリング(株)/(株)ダイキエンジニアリング/(株)日立ハイテクフィールディング/(株)メイテックフィルダーズ/福岡県警察本部