蕓術研究科

大學院研究科

進學説明會動畫

蕓術研究科とは

蕓術の表現に挑戦し続け、伝統的、地域的な蕓術と文化に貢獻します。

本研究科は、伝統ある高度蕓術研究機関として、高度な知識による思考力?判斷力を備えた21世紀の多様化?多元化する社會の要求に、蕓術の各領域より応えることのできる有為な人材を育成することが目標です。博士前期課程は、1専攻のもと、學部と緊密な教育體制として美術?デザイン?寫真の3領域から構成されています。21世紀COEプログラム柿右衛門様式陶蕓研究で得た専門性の高い學際的研究成果を各領域の教育課程に反映させることにより、學術研究の高度化と研究者やジェネラリスト養成をめざし、高度な専門教育研究を可能にする博士後期課程へ繋がる教育研究體制を構築しています。博士後期課程は、研究指導教員のもと博士前期課程での研究を基に各自の研究課題を設定し、現代の蕓術文化を擔う研究者とアーティストの養成をめざしています。

蕓術學部|蕓術表現學科?寫真?映像メディア學科?ビジュアルデザイン學科?生活環境デザイン學科?ソーシャルデザイン學科
Get Acrobat Reader

PDF形式のファイルが閲覧できない方はAdobe Readerをダウンロードしてください。