外國人留學生の皆さんへ

READ MORE

外國人留學生の皆さんへ

外國人留學生の皆さんが日本の企業に就職するためには、日本人の學生と一緒に採用試験を受けることになるため、日本人學生と同様、それ以上の準備が必要になります。キャリア支援センターでは、全學生を対象に様々な支援行事を実施しています。また、留學生対象に「留學生対象就職ガイダンス」、「留學生対象合同企業説明會」を実施しています。日本で就職を考えている留學生は必ず參加してください。

近年、日本企業はグローバル化する業務への即戦力としての期待から、外國人留學生に対して雇用の場を広げつつあります。外國人留學生に対する期待は様々であり、企業の人材ニーズはそれぞれに異なり、事業戦略や市場環境変化によって、変化しています。「業界研究」「企業研究」をしっかり行い、企業のニーズを探ってください。

企業が外國人留學生に求める基本的な能力には共通點があります。その筆頭は外國人留學生だからこその「日本語力」です。言葉については、日本語が堪能であることはもちろんですが、「ビジネス日本語検定」の取得や、さらにもう1ヶ國語できれば理想的です。また、「コミュニケーション能力」と「協調性」も求められる能力です。

留學生対象 就職活動支援行事

留學生対象就職ガイダンス

スムーズに就職活動が行えるよう日本の就職の特徴、企業が留學生に求めるスキル等について學修します。

留學生対象就職ガイダンス
留學生対象履歴書対策講座
「自己PR」「學生時代に力を注いだこと」などポイントを抑えた履歴書の書き方について學びます。
留學生対象合同企業説明會

外國人留學生の採用意欲が高い企業が參加します。一度に様々な業界の採用擔當者とも出會うことができ、留學生を積極的に採用したい企業が集まるので、內定への近道です。

留學生対象合同企業説明會

※上記は留學生のみを対象とした支援行事ですが、他に日本人學生と一緒に參加できる行事が多數あります。
単獨企業説明會や合同企業説明會は留學生を採用している企業も多數參加しますので、積極的に參加してください。

日本で就職するためには(在學中の準備)

日本で就職するためには、自身の適性、強み、弱みを把握し、日本企業が外國人留學生に求めるものを理解し、自身のキャリアプランと照らし合わせて、在學中から少しずつ準備することが大切です。

日本語能力の向上
ほとんどの日本企業が、留學生の採用條件に「高い日本語能力」をあげています。在學中から日本語能力の強化向上を図りましょう。
國際交流センター主催「ビジネス日本語講座」を受講する
國際交流センターでは「ビジネス日本語講座」を実施しています。詳細は國際交流センターにお問い合わせください。
日本事情を學ぶ
日本企業で働くうえでは、企業文化や日本の商慣習を理解することが、とても大切です。また、組織に、積極的に溶け込む努力も必要となります。その際、知っておくとよいのが、日本の社會?文化、日本人の考えです。
キャリア支援センター主催の「キャリア教育科目」を受講する
本學獨自のキャリア教育では、エントリーシートや面接、グループディスカッションの実踐などを通じて、無駄なく無理なく就活に臨めることを目標としています。社會構造の変化を學び、人が職業人として誇りを持って生きていくことの大切さ、あわせて職業観、社會観を學修できます。
「キャリア科目」の受講
(1)1年次前期:キャリア形成基礎論
(2)2年次前期:キャリア開発論
(3)3年次後期:キャリア形成戦略
日本人と積極的に交流する
外國人留學生の就學および生活上の相談に応じたり、語學交換のパートナーとして異文化交流を深めたりする「チューター制度」を國際交流センターで設けています。 詳細は、國際交流センターにお問い合わせください。
インターンシップに參加する
実際に日本企業の社風や仕事內容の理解につながり、企業活動や社會経験を行うことができます。

留學生対象 就職サイト

ビザの更新(學生ビザから就労ビザへ)在留資格について

外國人が日本で就労するためには、就労することができる在留資格が必要となります。そのため、外國人留學生は現在の「留學」の在留資格から「人文知識?國際業務」や「技術」などの就労可能な在留資格に変更する必要があります。

「留學」からの在留資格の変更申請は、原則として外國人本人が住所地管轄の地方入國管理局などで行う必要があります。大卒者が4月から入社するためには、卒業見込証明書を3ヶ月前の1月から申請してもらうようにしましょう。入國管理局に提出した資料は返卻されませんので、原本は申請時に必ず「原本還付」を希望して原本とコピーを提出しておくことが必要です。

入國管理局の審査では、これまでの在留経緯や活動內容がどの在留資格に該當するかを確認します。外國人留學生の有する技術や知識などを活かすことができるのか?就職先の企業規模や実績などから安定的かつ継続的に雇用を維持することができるのか?などについて審査されます。

留學生に対する総合的な情報

獨立行政法人 日本學生支援機構(JASSO)
日本への留學情報や留學に関する相談を受け付けるなど、総合的なフォローアップを実施。
福岡新卒応援ハローワーク
福岡県留學生サポートセンター運営協議會

日本語能力を高める(日本語の資格を取得する)

日本語能力試験財団法人
日本國際教育支援協會が実施する日本語の能力検定試験。
BJTビジネス日本語能力テスト財団法人
日本漢字能力検定協會が実施するビジネス場面でのコミュニケーション能力を測定?評価する試験。

ビザの変更申請?問い合わせについて

お問い合わせ

九州産業大學 キャリア支援センター

擔當: 大藤?泊

TEL: 092-673-5555