ご入學予定の皆さんへ

學生生活

本學では、遠隔地から入學される九州産業大學?九州産業大學造形短期大學部の新入生の皆さんが、安心して學生生活を送れるよう、キャンパスから徒歩5分の場所に、學生寮「立花寮」(男子収容人員172名?女子収容人員99名)を設置しています。寮生のプライバシーを守るため、寮室は冷暖房完備のワンルームマンションタイプとしていますが、寮生のふれあいの場として利用できる食堂や多目的ホールを設けています。また共用施設としてコインランドリーや駐輪場等を備えています。

セキュリティー対策も萬全で、事務室等には寮事務室員と寮監(寮生活を経験した先輩)が24時間體制で常駐し管理にあたっています。寮への入館は、學生証によるオートロックシステムで管理し、特に女子エリア入口にはカードリーダーを設置することで女子寮生以外の通行をシャットアウトしています。さらに、複數の防犯カメラを設置し不審者の侵入を監視するなど様々な安全対策を施しています。

防災対策としては、入寮後の早い時期に立花寮自衛消防隊訓練を実施し、防火?防災意識の高揚を図っています。なお、寮敷地內は全面禁煙で、20歳以上であっても喫煙することはできません。

立花寮は教育寮でもあり、寮監を各フロアに配置し、學習上の相談や學生生活の相談に応じ、様々な不安を持った寮生をサポートしています。

九州産業大學立花寮
寮監長 百瀬 俊哉

寮監からのメッセージ

寮監からのメッセージ/川野雅規さん/渡邉真理さん

皆さんは、これから新しく始まる大學生活をとても楽しみにしていると思います。その一方で、勉強や部活、親元を離れての生活など、不安や悩みもあると思います。この立花寮では、寮生活を経験した寮監が1年間、寮生と生活を共にして、皆さんの學生生活をサポートします。寮監は各階に配置されており、勉強や、學生生活で困ったことがあれば、すぐに相談に応じることができます。1年間という短い間ですが、皆さんが寮生活を少しでも楽しく過ごしてもらえるように、寮監は一丸となって頑張っています。

居室は、基本的に同じ階に同じ學部の寮生が部屋割りされているため、友達が作りやすい環境です。各部屋は完全個室のため、個人の時間もきちんと確保できます。

立花寮では、授業に関する履修相談會のほか、出身県別懇親會やスポーツ大會など、様々なイベントもあります。同じ階の寮生と絆を深めることはもちろん、學部を越えてたくさんの寮生と仲良くなれる機會もあります。

安全対策もきちんととられており、女の子でも安心して過ごすことができます。また、寮監だけでなく、24時間常駐の管理人さんにも、體調が悪くなった時など、緊急に対応していただけますのでとても安心できます。

より充実した大學生活をスタートするために、立花寮への入寮をお勧めします。

快適で充実した大學生活をこの立花寮で始めてみませんか?

皆さんの入寮を心からお待ちしています!

寮生からのメッセージ(2021年度)

巖崎 竜士さん
湯淺 主浩さん
地域共創學部
観光學科 1年

私は宮崎県出身です。
親元を離れて進學するにあたり、初めての一人暮らしや、何の想像もつかない大學生活に、大きな不安を抱いていました。そんな中、大學からの距離も近く、通學しやすい立花寮へ入寮しました。
入學するとすぐに、授業を受けるための履修登録の手続きがあります。何もわからず一人で悩んでいると、寮監の先輩方が優しく丁寧に教えてくださいました。
學部等の垣根をこえた仲間たちと、悩みや不安を共有できることも、寮生活の良い點だと思います。

立花寮は、食事の面で、健康面に配慮されたバランスの良い食事が、朝夕毎日提供されます。自炊では不足しがちな栄養素も、きちんと補うことができると思います。食事の時間も自分のペースでとることができます。また、帰寮が遅くなるサークル活動生のために、食事の取り置きも可能となっています。
その他、遠隔授業の受講で必須のWi-Fiが完備されたり、退寮後の住居を探すための説明會が開催されたり、寮生に親身に対応いただいています。

コロナ禍の中では、集団で生活することを不安に思う方もいらっしゃると思います。しかし、立花寮では、帰寮時や朝?夜1日2回の體溫測定や、消毒液の設置、食事時の席の間隔調整、アクリル板の設置等、感染防止対策が徹底されていて、安心して生活することができています。

私自身、入寮して本當に良かったと思っています。
皆さんの貴重な大學生活のスタートを立花寮でより充実したものにしませんか?


辻 菜芹さん
鹿島 渚沙さん
地域共創學部
地域づくり學科 1年

私は熊本県出身です。
入寮する前は、友達も知り合いもいない土地で、これからの大學生活を送らなければならない狀況に多くの不安を抱えていました。しかし、その不安は立花寮で過ごし、その中で多くの人に出會い支え合いながら生活できたことで、自然と無くなっていきました。

大學生活を始めて、高校時代と大きく変わったこととして、自分が受ける講義を「履修登録する」ということが入學してすぐにありました。自分自身で時間割を組むことがどういうことか分からなかった私は、この時、すごく焦りました。ですが、寮の先輩方のサポートによりスムーズに履修登録を行うことができました。
初めてのレポート提出の際も、どのように書き始めれば良いか分からず困っていた私に、寮監の先輩方から聲を掛けていただき、良いアドバイスもいただきました。
このように、寮生だから先輩方と接する機會が多く、また得られることが多いのも寮の魅力だと思います。とても面倒見の良い先輩方が揃っているので、大學の新生活で不安な事もすぐに相談に乗ってくれ、サポートしてくださいます。

この他、立花寮では、毎朝夕にバランスの良い食事がいただけます。実家にいるかのような溫かい食事を1日の始まりと終わりに食べられるので、慣れない大學生活で疲れた體も心も癒されると思います。
設備面では、建物內に防犯カメラがあり、女子エリアにはオートロックもついているので安心して生活を送ることができます。

立花寮は、新しい學生生活のスタートを切るにはとても良い環境です。
皆さんも入寮して、より良い有意義な學生生活を送ってください。